Airsoft Hawaii
would like to thank
for their support of the
2007 ASH BASH

Home   |   Safety & Hawaii Laws   |   Airsoft Hawaii   |   Hawaii Airsoft Community   |   Gallery   |   Forums   |   Links   
自分だけの銃を作り上げる
SR-15

筆者 アベ ブレーク

疑うことなくM16/M4シリーズはアメリカで最も人気のあるエアーソフト銃です。ですから、どんなゲームにおいても多種な銃を見つける事は難しくありません。たくさんのM16/M4シリーズの変種や特注を見てきて、私は普通に入手できる物ではない何か、ボルトオンエアーソフトの部品が欲しかったのです。すべての鋼製のAR変形を探せるだけ探した後、どれひとつ私が求めていた型ではないと確信しました。参照する銃を見つける事ができなかったので、私自身のデザインを見出しました。

私が描いていた基本的な構想は軍隊のライフル銃よりも一般人向けのライフル銃に近いものでした。一般人用のライフル銃は軍隊用と同じ基準寸法要件や規則がないので少し外装が特有な傾向があります。独特なライフル銃を組み立てるための部品をウェブサイトとカタログで徹底的に探せるということは、もっと自由を与え、もっと多様性を生み出してくれます。私は他の人が作り出す事のできない唯一の物が欲しかったのです。

私は主要部にDTP SR-15を選びました。主な理由はその幾何学的図形のような型は通常兵器のM4型の主要部よりも魅力的だと思ったからです。主なDTP主要部の欠点はその重量です。主要部は亜鉛の鋳型と分厚い壁のため、(亜鉛はアルミニウムよりもやわらかいので抵抗力を与えるため)システマ型の金属主要部よりも約4倍も重いのです。その重量問題に加え、DTP主要部は雑誌などでは少し特大の鋳型なので、すべてが適切に働くよう、やすり仕上げや備品が必要です。
まず主要部に取り付けられたのはACE Ltdでした。ARFX銃床です。これは下部の腕のアルミニウム配管と上部の腕の鋼AR15 buffer巻を使った骨組み型の銃床です。ふたつの腕を繋ぐ端板はゴムかプラスティックの床尾パッドの使用を可能にするため穴を開けられタップにつながれています。先端部分はつり帯の自在軸受けや付属品をねじで留められるよう穴を開けられタップに繋がれています。アルミニウム部分はマットな黒にしました。一度組み立てられるとARFX銃床は頑丈で堅く、でもマルイM16A2の頑丈で堅い銃床よりも軽いのです。

G&Pが銃床アダプターを製造する今、鋼のAR15銃床をマルイに基礎づけられた主要部に取り付けることはわりと簡単です。最も難しい部分はレシーバーと一緒に輝きだすようにbutter管に縫い糸を刻むことです。しかしながら、私がこの銃に力を入れている間G&Pはまだこれらのアダプターを発売していませんでした。と言うのも、私は自分のアダプターを作らなくてはならなかったのです。
私が作ったアダプターは下部のレシーバーの標準銃床の銃架の端くれを取り付けるためのアルミニウム配管のカットでした。配管の外側はAR15 buffer管をそれに取り付け可能にするためのカットです。ARFX銃床はスライドし、マルイの長い銃床ねじは主要部に銃床を固定するのに使用できます。

私はこの仕組みとバッテリーバッグを使うことになると分かっていたので、ワイヤーを銃の後ろに走らせる方法を見つけなければなりませんでした。解決策は、金属の銃床リングをスペイサーとして使用し、ワイヤーが主要部を出るのを可能にするためそれを切断することでした。この方法だと、私は主要部も銃床も切断する必要がなかったのです。ですから、後でワイヤーを別ルートで送るなら、ただ銃床リングを取り外すのみで、カットを埋める必要はないのです。

主要部と銃床が完成し、次はハンドガードの組み立てでした。ひとつ私が今まで見てきたM4の変形で本当に好きな所は、それらは一般的に見えることです。それらは銃床のハンドガードを使うか、すべての表面を覆っているレールが付いています。それは軍隊のM4には典拠のある型だと私は確信していると同時に、私は本当にむしろAR15の競争と標的のスタイルを好みます。私はハンドガードに何かを装置することはないと分かっていたため、何か特有な物を作ることに集中することができました。

私が思いついたアイディアは典型的な2直径の浮動的なハンドガードに取り付けられる外部のハンドガードを作ることでした。外観上は、もっと銃身を見せるためもっと大きな覆いのない仕組みを創造するでしょう。安定性は、すべて針金で止められる必要があり、広がったARMS#38レールは土台のためハンドガードの仕組みとレシーバーを繋ぐのに使用されるでしょう。

内側のハンドガードはDPMSカービン銃の長さに決まりのない浮動的なハンドガードです。いくつかの違ったハンドガードをチェックした後、私はそのシンプルなデザインが他の部分とうまく溶け込むと思いこれを選びました。

DTP主要部に金属のハンドガードを取り付けるには、レシーバーの縫い糸は標準SR15レシーバーの眼鏡に再切断されました。レシーバーに適切な縫い糸があるとハンドガードを固定するのがとても簡単になります。

2.5直径から始まり1/4の分厚い円形のアルミニウム配管、外側のハンドガードはひとつの部品から機械で作られました。外側は四角にされ、角は長さに合わせて丸い形の細長いくぼみで切断されました。前部と後部はハンドガードの角の細長いくぼみに調和するような角度で切断されました。

ARMS #36レールを上部のレシーバーに取り付けることは、DTP主要部の最上のレールは特大だったため少しやすり仕上げが必要でした。大した事ではないし、実際それはレールにプレーやぐらつきがないためもっと安全なでき具合にしてくれました。ARMSレールに最上の外側のハンドガードを繋げるためあつらえのブラケットが加えられました。そこから、すべて一緒にボルトで止められました。最終結果はぐらつきのないとても堅いハンドガードの組み立て部です。外側のハンドガード、ブラケットとARMSレールは銃の型に似合うようにすべて照星を着け黒くしました。

外側の銃身の組み立てには、標的のライフル銃に使われる重い銃身に似たものが欲しかったのです。こうするため、私はファーストファクトリーAPS2 Aeroの外側の銃身を切りました。前部はリングを取り除くため切られ、私はそのために新しい先端キャップを作りました。ねじが先端キャップを押さえるよう、また末端の内側の銃身を固定するよう合わせました。そう、固定されたねじは見えますが、私はいっそうよい的確さのため外観を犠牲にすることを惜しみません。すべての後、これは使われる銃であり展示される銃ではありません。外側の銃身と先端キャップはニッケルめっきで温度調節されています。温度調節はニッケルめっきに強さを加え、少々薄黒くします。金属GBガスブロックとガス管は外側の銃身の組み立てを完成させます。

私が選んだ照準はTasco35mmPDP3です。見る機器は外観としては適切な選択に見えるだろうが、赤い小点の照準の方が賭博用の使用にはもっと実用的です。少なくとも私にとってはそうです。エアーソフトの典型的な交戦距離と赤い小点での急速な標的獲得を仮定すると、それは私のプレイの仕方にかなかな良く働きます。

長い間H&Kライフル銃のファンであり、私は伝統的なM16ピストルグリップよりもG3/MP5型のユーログリップの感じを好みます。Zenith TACグリップはH&Kに似ているので、私がこのライフル銃に選んだのはそれでした。DTP主要部にこのグリッを取り付けるにはその半端な寸法の主要部のため少し付属品が必要でした。Zenithグリップは主要部から約1/8に位置しました。外観上は、切れ目がmechboxを見せてくれました。機械的には、モーター柱身の穴は一列に並んでいないので、モーターは結びつけるでしょう。たくさんの付属品と整理の後、Zenithグリップは主要部とmechboxと同一平面に位置し、概観上と機械上の問題を両方解決してくれます。

引き金の用心がねはKMSniper引き金の用心がねです。それは引き金の真下、後部に沿ったひとつの曲がり角がある最初のバージョンです。火薬を詰めるハンドルはG&P SPR型です。G&Pの火薬を詰めるハンドルはSystema部品よりも良い仕上がりで、大きめのハンドルとPRI Big Latchの複製品を特徴としています。

このライフル銃は今まで私が作り上げた中で最も大きな労働力を要するエアーソフト銃であることに疑いもありません。それはまた私が今までに最も時間を費やした企画のひとつでもあり、2003年から私の自由時間を費やしてきました。でもその結果は確実に価値のあるものです。

型:AEG

寸法:

長さ:953mm

高さ:250mm

重さ:4.53kg

銃口速度:390395fpsとエクセル.20s