Airsoft Hawaii
would like to thank
for their support of the
2007 ASH BASH

安全性とハワイの法律   |   エアソフトハワイ   |   ハワイエアソフトコミュニティ   |   リンクス   

2005 ASH BASH

BASH
催物の表示部分
コスプレイ イベント
ホテル情報
プレイヤーズガイド
権利放棄 / 登録

エアソフトハワイ プレイヤーズガイド

安全性

1.        400 fpsクロノ、またはそれ以下のエアソフト銃で、0.2 gram, 6 mmBB弾を使用してください。300 fpsクロノ、またはそれ以下のエアソフト銃で、0.34 gram, 8 mmBB弾を使用してください。3つのクロノグラフショットが速度計測のために使われます。速度制限を越えるエアソフト銃はプレイに使用する事はできません。性能向上調節器のついたエアソフト銃は、クロノグラフの際、飛行経路のレベルに設定されなければなりません。

2.        ボルトアクションばね作用のエアソフトライフルは、最大銃口速度450 fpsクロノ、0.2 gram, 6 mmBB弾を使用してください。この高速度の銃を使用するプレイヤーは、50フィートまたはそれ以下の距離からプレイヤーを撃たないようにしてください。

3.        減速器、または取り外し可能な速度減速器は使用できません。

4.        修正された金属BB弾を発砲するエアソフト銃や、本物の銃は使用する事はできません。金属性のBB弾、金属や黒鉛でコーティングされたBB弾、または硬いゴム製の手榴弾は、使用禁止です。

5.        エアタンクを使用するガスエアソフト銃は、タンクに最新のハイドロテストの日付が記されていなければなりません。ハイドロテストの日付の期限が切れているタンクはフィールドに持ち込む事はできません。

6.        フィールド上のすべてのプレイヤーは十分なヘッドプロテクションを常時身につけていなければなりません。目を覆う固定したプロテクション、耳、鼻、口を覆う、半固定のプロテクションが必要です。適切なヘッドプロテクション無しではフィールド上に出る事を許されません。

7.        顔全体と耳の保護を備えたペイントボールフルマスクは最低限の基本です。プレイヤーは装飾用のアイテムをペイントボールマスクに付け加える事ができますが、それが危険要素を引き起こすものであってはいけません。プレイヤーは備えられたプロテクションの性能が落ちるようなやり方で、マスクやゴーグルのパーツを取り外したり修正したりすることはできません。

8.        メッシュスクリーンのゴーグルはBB弾の破片が目のけがを引き起こすおそれがあるので、使用するこはできません。

9.        ヘッドギアはゲームが終了しても、フィールドを退場するまでは取り外してはいけません。ホイッスルの音が聞こえずゲームが終了したことを知らないプレイヤーがいるかもしれないからです。

10.    傷ついたり壊れているヘッドプロテクションは使用できません。

11.    ゲーム中にフェイスマスクがくもったとき、取り外してはいけません!弾力性のあるストラップがついていれば、顔から引っ張って少し隙間を作り(1インチ以上は離さないでください)、あるいは、指が小さければ、ゴーグルを拭いてきれいにすることができるでしょう。もしもマスクを取り外さないと問題が解決されない場合は、審判員に助けを求めてください。

12.    ゲーム開始前、ゲーム終了後、フィールドで発砲することはできません。銃の発砲のテストは、発砲ゾーンで行ってください。

13.    ゴム製・小道具用のナイフや武器は使用禁止です。

14.    足全体を覆う靴が必須です。ロングパンツ、ジャケットは、大いに奨励されます。

15.    フィールド上での薬物・アルコールの摂取は禁止されています。

16.    焚き火は禁止されています。

 

ゲームプレイ

1.        もしもあなたがどこか撃たれたらゲームからの退場となります。あなたが携帯しているものを撃たれても同じ事です。

2.        退場となったプレイヤーは他のプレイヤーと話すことはできません。

3.        跳弾はカウントされません。

4.        ののしったり侮蔑的な言葉を使ったりしてはいけません。

5.        プレイヤーは走っていたり厚い服や装備を身につけていたりして、撃たれた事に気がつかないかもしれません。何か言う前に、BB弾が実際に当たったことを確認してください。それから、プレイヤーを確認して、具体的にどこにBB弾が当たったかを伝えてください。「撃った」「撃たれた」と叫ぶだけでは、あなたが誰に向かって叫んでいるかわからないので、仕方がありません。

6.        絶えず「撃った」「撃たれた」と叫ぶだけで具体的にプレイヤーを特定しないプレイヤーはゲームから退場となります。

7.        審判員が撃たれたと判断した後でも、ゲームを続行しているプレイヤーはその後の2つのゲームから退場となります。

8.        審判員に、故意に撃たれた事を無視していると判断されたプレイヤーは、2つのゲームから退場となります。

9.        誰かがあなたを撃ったと判断した場合、前へ進み、「Dead(デッド)」と叫んでください。(あなたはいつでも次のゲームでプレイする事ができます。)いつも撃たれた事を感じたり聞いたりできるわけではないことを覚えておいてください。

10.    ゲームから退場になったときは、ステージングエリアに行ってください。フィールドから退場する間、頭の上に銃を抱え、「撃たれてアウトになった」などとフィールドから完全に出てしまうまで叫び続けてください。

11.    もしも誰かが故意に撃たれた事を隠していると思ったら、審判員に知らせてください。

12.    もしもあなたが誰かの10フィート以内に近づいたら、彼らを撃つ前に降伏するかたずねてください。もしも彼らが降伏すれば、彼らは退場となるので撃たないでください。もしも彼らが降伏しなければ、彼らを撃ってください。(至近距離から連打しないようにしてください)もしもあなたが降伏する事を拒んだら、おそらくあなたはとても近い距離から撃たれる事になり、それはかなり痛むでしょう。降伏は「犠牲者」のためのオプションです。

13.    もしもあなたが誰かに腕が届くほどの距離まで近づいたら、撃たないで代わりにタッチしてください。タッチアウトはヒットと同じです。(タッチアウトされたプレイヤーは退場となります)

14.    プレイの間は境界線の中にとどまってください。境界線はしるされます。

15.    プレイヤーはゲーム開始前にスタート地点から離れることはできません。(審判員の了解がなければ)

16.    あなたは必要な武器、弾丸などゲームに持っていかなければなりません。いったんフィールドを離れるとゲームに再度入る事ができないかもしれません。

17.    審判員は上記に記されたいくつかの重要でない(安全性に関係のない)ルールをゲームごとに変えるかもしれません。ルールの変化を組み込んだゲームタイプがいくつかあります。もしもあなたがこれからプレイするゲームのルールについて確信がなければ、審判員にたずねてください。